奄美大島

奄美大島は、鹿児島県の鹿児島市と沖縄本島のほぼ中間に位置する九州の南海岸にある、奄美群島の主要な島です

島の様子

奄美群島の他の島々とは対照的に、主要な島である大島と呼ばれることもあります。ウミガメが産卵する砂浜、"アマミブルー "と呼ばれる水色の海、恐竜の森を思わせる原生林などが特徴です。また、大島海峡やホノホシ海岸などの海や、富士山などの山並みも美しい。 徳之島、沖縄県西表島、沖縄本島北部とともに、世界自然遺産の候補として登録が提案されている。

気候については、島の中央に位置する名瀬にある奄美市をご覧ください。島の南部は野生動物が非常に豊富で、さまざまな珍しい生物が生息しています。養殖クロマグロの日本一の供給地である瀬戸内町では、クロマグロや琉球イノシシが食べられます。奄美大島の海岸は青くてきれいで、サーフィン用の波があり、手広海岸などのビーチはサーファーに人気があります。台風はしばしば島を横切り、毎年崖崩れや農業被害を与えています。2010年10月には記録的な大雨が島を襲い、3名の方が亡くなりました(2010年10月18日から21日にかけて奄美地方で発生した大雨)。